医学部受験MEP|個別指導予備校・プロ家庭教師
電話

学習相談・料金のお問い合わせなど

06-4309-6515

受付時間:10:00 〜 21:30 (土・日・祝可)

お問い合わせ

資料請求

数学の学習法【中学1・2年】

中学入試が終わり、“数学”を学び始めます。通常、代数分野と幾何分野にわかれて中学3年分を2年間で履修することになります。

中1の段階において気をつけることは、まず“算数”からの卒業です。実は中学入試の学習で学んだ算数の手法で履修範囲の問題はだいたい解けてしまいます。そのため、いつまでたっても数学としての解き方を実践しないために、結局乗り遅れてしまうというケースも散見されるので注意しましょう。

それから、暗算に頼らずノートに計算過程をしっかり書く習慣をつけることが大切です。今後ますます、スピードよりも正確性が求められます。特に分数計算・マイナスのついた数の加減乗除などは、ミスなく確実にこなせるよう反復練習しておきましょう。 あと、学校によっては中学幾何の範囲が高校の数学IAとほぼ同じ内容のために数学IAの平面幾何を単元ごと飛ばしてしまう場合があります。この場合、平面幾何をしっかりと勉強できるのはこの時期だけですので、必要な公式・解法を確実に定着させておく必要があります。

この時期は特に苦手意識を作らないことが重要です。一度、苦手だと思ってしまうと、勉強する意欲が下がってしまい成績が落ちていくという負のループに陥ってしまいます。そうならないためには、自分がどこまで理解していてどこからが理解できないのかを正しく把握することが重要です。

お気軽にご連絡ください

ご相談

06-4309-6515

時間 9:30 - 22:00

お問い合わせ

資料請求