医学部受験MEP|個別指導予備校・プロ家庭教師
電話

学習相談・料金のお問い合わせなど

06-4309-6515

受付時間:10:00 〜 21:30 (土・日・祝可)

お問い合わせ

資料請求

学校再開後の学習方針について

 コロナ禍の緊急事態宣言がひとまず解除され、学校の授業が再開します。しかし、すぐに元どおりというわけにもいかず、オンラインによる授業が主になっています。こういう状況でどのように学習し、学力を伸ばしていけばよいのでしょうか?


 まず受験生ですが、正直これは深刻です。通常通り入試が行われるとすると残り時間は7ヶ月強です。遅れを取り戻すといっても、ただでさえ時間との競争なのに、そのうえ3月からの分を加えるとなると普通のやり方ではほぼ不可能に近い、というのが本当のところです。一方、学校や塾・予備校の授業はというと、遅れた分ペースアップするでしょうからどうしても授業内容が荒っぽくなることが予想され、その補完が必要になるのですが、夏休みがなくなることを考えるとそれもまままならないでしょう。


 では、残された時間でどのようにしていけばよいでしょうか? とにかく大切なのが時間の効率利用です。自分の弱点を洗い出して早く埋める、更に使いこなせるようにすることが肝要です。そのためには、まず生活を見直して無駄な時間を極力省いて学習時間の確保を図り、次に個別指導や家庭教師の利用による学習内容の精選が必要です。家庭教師はオーダーメイドで学習計画を組めるので効率化を図るには極めて有効です。また、相応のプロ講師だと本人も気付いていないような弱点の補強も先回りして行なっていくので、なお効果が高いといえます。


 次に受験生以外の方ですが、学力の維持・回復に努めていくことが重要です。筆者の担当している生徒も学校や塾のオンライン授業ではどうしても限界があり、学習進度が遅れ、退化してしまっている生徒すらいます。まずは学習習慣をもう一度取り戻すこと、そのうえで今までの総復習を行なって抜けてしまっている分野を埋め直す作業が必要です。模試やチェックテストがあれば効果的に洗い出せると思います。あとは、公立高校の学習進度+1年を目標に高2の終了時点で履修が終わるように学習計画を組み直していただければと思います。


 特に注意していただきたいのが高2のかたです。来年の入試はおそらく現役生に厳しい結果となり、大量の浪人生が発生します。さすがに浪人すると学習時間数は確保されますから、今度は再来年の入試で現高2のかたが不利な状況におかれます。となると今のうちからスパートをかけていく必要があります。大変かもしれませんが「高2の夏」では間に合いません。すぐにでも始めてください。


 なにしろ、今まで経験したことのない事態です。しかし、入試はなくならないし、どこまでいっても学力勝負です。今できる最善のことを行なって、追いつけ追い越せで合格レベルに達することができるようにしていただければと思います。

お気軽にご連絡ください

ご相談

06-4309-6515

時間 9:30 - 22:00

お問い合わせ

資料請求